アクロスザグローブ
組織がうまく機能するために、ちょっとしたヒント集!

組織問題解決プログラム


組織運営のヒント集




人事採用に関するTips


人材採用をアウトソースするメリットとは?

「優秀な人材が欲しい」というのは大企業でも中小企業でも同じです。しかし中小企業にとって、十分な数の応募者を集めることは簡単ではありませんよね。企業の知名度が低かったり学生の不人気業種であったりする場合はなおさらです。

そこで「採用のプロにアウトソースする」という選択肢が考えられるわけですが、企業にとって「人」は「人財」と表現されるほど、最も大切な資産の一つであるはずです。そんな大事な判断を外部の人間に任せて大丈夫だろうか、そう考えるのは当然のことです。

結論から申し上げますと、「あまり好ましいことではない」と言えます。

「サービスを請け負っているくせに無責任な!」と思われるでしょうが、残念ながらこれは事実です。
やはり採用は企業の人事専属の社員が行うのがベストなわけです。

それでは人材採用をアウトソースすることにメリットはないのか、というと、そうではありません。
採用のスペシャリストは、応募者(新卒採用なら学生)の心に響く表現の仕方を知っています。それは求人広告や学生向けの企業パンフレットでの表現方法であり、会社説明会や面接での応募者への表現の仕方です。
さらに、企業の求めるぴったりの人材を採用するためには、採用面接の経験や人材育成経験の豊富なプロに任せるメリットは大きいでしょう。

私がお勧めするのは、アウトソースから自社採用への段階的な移行です。

もし御社に人事採用の担当者がいないのであれば、慌てて経験者をヘッドハンティングしてくるよりも、その間はアウトソースした方が、成果の面でもコストの面でもかなりのメリットがあります。
そして未経験でもいいので自社社員を人事担当者にあて、スペシャリストからそのノウハウを吸収させ育てていくのです。早い人なら二年もすれば一人前の採用のプロになれますよ。


組織運営のヒント集Topへ戻る


人事採用プログラム

 人事採用や採用面接についてアドバイスが欲しいという方は、人事採用プログラムをご検討ください。百貨店で3000人以上を面接してきた担当者がお手伝いさせていただきます。お気軽にメールまたはお電話にてお問い合わせください。


組織問題解決プログラムの詳細



At-Globeの人事組織運営に関するヒント集

Copyright © 2005-2017 ACROSS THE GLOBE. All Rights Reserved.