アクロスザグローブ

海外情報調査サービス


調査の範囲


個人のお客様向け

調査対象 調査可能な項目・範囲
商品情報 商品の検索(捜索)、商品の入手、商品の評価情報、海外サービスの評価情報、他
地域情報 旅行先の観光関連情報、地域の治安情報、宿泊施設に関する情報、他
学校情報 学校(大学)比較情報、日本人学生数、地域の治安情報、住環境情報、他
文献検索 医学文献検索、他


※上記以外にもご希望がございましたら、どんなことでもお気軽にお問い合わせください。担当者が親切・丁寧にお答えいたします。

※調査では、口コミなどによって得られる情報もあります。できる限り信頼性のあるデータや情報を追って裏づけしていきますが、確認できなかった場合、それらの情報は報告されないかあるいは「未確認情報」としてご報告いたします。

※現在調査可能な国は英語圏(主にアメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア)が中心です。以下をご参照ください。


≪ご参考≫

英語を公用語としている国

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、ウガンダ、ガーナ、ガイアナ、カメルーン、ガンビア、キリバス、グレナダ、サモア、ザンビア、シエラレオネ、ジャマイカ、ジンバブエ、スワジランド、セーシェル、セントクリストファー・ネービス、セントビンセントおよびグレナディーン諸島、セントルシア、ソロモン諸島、タンザニア、ツバル、ドミニカ国、トリニダード・トバゴ、トンガ、ナイジェリア、ナミビア、バヌアツ、バハマ、パプアニューギニア、パラオ、バルバドス、フィジー、フィリピン、ベリーズ、ボツワナ、マーシャル諸島、マラウイ、マルタ、ミクロネシア、南アフリカ、モーリシャス、リベリア、レソト、アンティグア・バーブーダ

英語を準公用語等としている国

アイルランド、インド、マレーシア、ケニア

英語が公用語ではないがある程度の情報が入手可能な国

中国、香港、台湾、ヨーロッパ諸国、など

海外情報調査サービス(個人向けサービス)のTopに戻る

At-Globeの海外情報調査サービス



Copyright © 2005-2017 ACROSS THE GLOBE. All Rights Reserved.